MySWL×SCSK

MySQL ClusterをはじめとするHAソリューションなど、
SCSKが最先端の技術力でソリューションを提供します

見積依頼 資料ダウンロードはこちら

製品

LifeKeeper+共有ディスク構成

LifeKeeperとは、稼働系サーバに障害が発生した場合に、自動的に待機系サーバに切り替えを行うことで、システムの停止時間を最小限に抑え、高可用性を実現するHAソフトウェアです。

LifeKeeperを使用した場合のシステム構成は、共有ディスク構成LKDR構成があります。

LifeKeeper+共有ディスク構成

データを外部の共有ディスクに格納することで、サーバ1台に障害が発生した場合でも、別のサーバからデータにアクセスできるため、継続してシステムを利用することが可能です。

利点欠点
  • データの整合性が保証される
  • 自動フェイルオーバー機能がある
  • 大容量データを扱うことが可能
  • 導入、設定から運用まで、GUIツールにより直感的な操作が可能
  • 外部ストレージを別途購入する必要がある
  • スケールアウトには構成の再構築が必要

こんなケースにオススメです。

  • 大容量のデータを扱いたい場合
  • 自動フェイルオーバ構成にしたい場合

基本構成

稼働系サーバと待機系サーバ間において、LifeKeeperにより死活監視を行います。

稼働系サーバ

クラスタを構成しているサーバのうち、稼働系サーバのみがアプリケーションからの処理を受け付け、共有ディスクへアクセスします。

待機系サーバ

通常起動していません。

障害発生時

稼働系サーバに障害が発生すると、以下の処理が行われます。

  • LifeKeeperが稼働系サーバの障害を検知すると、稼動系サーバから待機系サーバへフェイルオーバーが行われます。
  • 待機系サーバが稼働し、アプリケーションからの処理を受け付けるため、システムを停止することなく、継続できます。
  • 共有ディスクのデータが引き継がれるため、データの消失はありません。

SCSKだから選ばれる

10年以上にわたるMySQLの取り組み

10年以上にわたるMySQLの取り組み

MySQLオフィシャルトレーニングを多数担当。日本オラクル社のパートナー認定制度「MySQL Specialization」国内第1号取得。オリジナル全文検索ソリューション開発

SCSKの強み

SCSKの強み

オフィシャルトレーニング資格を有する技術者が提供する高い技術力。大規模通信系システム、大規模基幹系システムなども経験。国内企業数百社に対する導入実績。MySQLに関連する全てのサービスをワンストップで提供

お問い合わせ

MySQLやMySQL関連ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求、お見積、ご相談などございましたら、こちらよりご連絡下さいませ。

お問い合わせ資料ダウンロード見積依頼

OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。