MySWL×SCSK

MySQL ClusterをはじめとするHAソリューションなど、
SCSKが最先端の技術力でソリューションを提供します

見積依頼 資料ダウンロードはこちら

製品

応用構成

基本構成を応用させて、様々なレプリケーションの構成を行うことが可能です。

準同期レプリケーション(MySQL5.5~)

準同期レプリケーションとは、マスタの更新情報をスレーブに送信したことを保証する仕組みです。

通常のレプリケーションは非同期のため、マスタに障害が発生した場合、一部データロスの可能性がありました。
準同期レプリケーションにより、マスタに障害が発生してもスレーブに更新情報が送られているため、データロスの可能性を軽減することができます。

準同期レプリケーションの処理の流れ
準同期レプリケーションの処理の流れ
  • アプリケーションから更新が実行される
  • Commit時に更新情報がファイルに出力される
  • Commitされたデータがテーブルへ反映される
  • 更新情報をスレーブへ送る
  • ackを返す
  • アプリケーションにOKを返す
  • スレーブのテーブルに反映される

レプリケーション+LifeKeeper

レプリケーション+LifeKeeperのながれ

Aitive-Stanby型のHA構成と併せて、レプリケーションを使用することも可能です。
弊社では一番導入実績が多い構成です。スレーブの一台をバックアップ用途として使用することもあります。

以下のようなケースでオススメの構成です。

  • マスタデータをより安全に保存したい
  • 自動フェイルオーバー機能を使用したいが、参照負荷分散も行いたい場合

SCSKだから選ばれる

10年以上にわたるMySQLの取り組み

10年以上にわたるMySQLの取り組み

MySQLオフィシャルトレーニングを多数担当。日本オラクル社のパートナー認定制度「MySQL Specialization」国内第1号取得。オリジナル全文検索ソリューション開発

SCSKの強み

SCSKの強み

オフィシャルトレーニング資格を有する技術者が提供する高い技術力。大規模通信系システム、大規模基幹系システムなども経験。国内企業数百社に対する導入実績。MySQLに関連する全てのサービスをワンストップで提供

お問い合わせ

MySQLやMySQL関連ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求、お見積、ご相談などございましたら、こちらよりご連絡下さいませ。

お問い合わせ資料ダウンロード見積依頼

OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。