MySWL×SCSK

MySQL ClusterをはじめとするHAソリューションなど、
SCSKが最先端の技術力でソリューションを提供します

見積依頼 資料ダウンロードはこちら

TOPICS

[Amazon Aurora]クエリキャッシュ検証:RDS for MySQLとの比較結果

SCSKではAWSのRDSサービスの1つであるAurora MySQL(以下、Aurora)の実力を図るべく、Auroraの検証を実施しております。今回はその検証の一部で、クエリキャッシュに関する検証結果について紹介したいと思います。

MySQLのクエリキャッシュとは、SELECTステートメント結果セットのキャッシュです。MySQLでは2013年のバージョン5.6.8からクエリキャッシュの機能がデフォルトではOFFとなっており、次のメジャーバージョンアップのMySQL8系では廃止がアナウンスされています。 対して、AuroraはMySQL5.6互換とされていますが、AWSによればクエリキャッシュに大幅な改善を加えたとの事で、クエリキャッシュはデフォルトでONとなっています。

検証構成について

今回のケースでは、Auroraの比較対象として検証当時の最新バージョンであるRDS for MySQLの5.7.17バージョンを使用しました。クエリキャッシュに注目した試験のため、両者非Multi-AZの構成です。 また、クライアント側にはsysbench1系をEC2にインストールして使用しています。

パラメータ値の変更について、Auroraはシステム変数performanceschemaがデフォルト設定ではOFFのため、ONに変更しています。加えて、MySQL5.6対応のsysスキーマを作成しています。このpeformanceschemaの設定は、RDS for MySQLではデフォルトで設定されているものです。またmaxpreparedstmt_countの値を上限値最大にして、sysbenchのprepared statementのエラーを回避しています。

検証の構成

01_構成.png


テストシナリオについて説明します。

まず、クエリキャッシュの効果を検証するため、MySQLのquerycachesizeの値を0,250MB,500MB,1GB,1.5GBと変更していき、sysbenchのテストを実行しています。

sysbenchの負荷シナリオは、バンドルされているoltpreadonly.luaスクリプトを使用し、それぞれのデータベースにはデータ量が約5GBになるようテストデータを用意しました。また、テスト実行前には全てのデータをオンメモリの状態にしました。thread数は50とし、各テスト15分間実行しました。

結果

結果は以下の通りとなりました。

Aurora MySQLとRDS for MySQL スループット比較 ( Query Per Sec )

02_結果スループット.png

Auroraはクエリキャッシュ増加に伴い、スループットが向上しました。それに対して、RDS for MySQLではクエリキャッシュ増加に伴ってスループットに悪影響を与えているのがわかります。

Aurora MySQLとRDS for MySQL レイテンシ比較 ( 95percentile )

03_結果レイテンシ.png

レイテンシという点で見ると、Auroraはクエリキャッシュのサイズによって、レイテンシーが上下動しています。対して、RDS for MySQLはクエリキャッシュサイズが大きくなるにつれて、レイテンシが上昇する傾向がはっきり出ました。

では、クエリキャッシュのヒット率はどうなったでしょうか。以下のグラフは、AuroraとRDS for MySQLのクエリキャッシュヒット率です。

Aurora MySQL クエリキャッシュヒット率 ( % )

04_結果auroraクエリキャッシュヒット率.png

RDS for MySQL クエリキャッシュヒット率 ( % )

05_結果rdsクエリキャッシュヒット率.png


Auroraは時間の経過と共にクエリキャッシュの上昇が見られます。1.5GB時では最大でおよそ5割で、1GBと500MB時でも後半には5割へと上昇しました。また、250MB時の最小値は3割程度のクエリキャッシュヒット率となりました。

対してRDS for MySQLを見るとクエリキャッシュのヒット率は、クエリキャッシュサイズ毎にほぼ横ばいを描いています。1.5GB時ではおよそ4割前後となり、250MB時では、一割未満となりました。

次回は、この検証結果を踏まえてその要因について考えていきたいと思います。

SCSKだから選ばれる

10年以上にわたるMySQLの取り組み

10年以上にわたるMySQLの取り組み

MySQLオフィシャルトレーニングを多数担当。日本オラクル社のパートナー認定制度「MySQL Specialization」国内第1号取得。オリジナル全文検索ソリューション開発

SCSKの強み

SCSKの強み

オフィシャルトレーニング資格を有する技術者が提供する高い技術力。大規模通信系システム、大規模基幹系システムなども経験。国内企業数百社に対する導入実績。MySQLに関連する全てのサービスをワンストップで提供

お問い合わせ

MySQLやMySQL関連ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求、お見積、ご相談などございましたら、こちらよりご連絡下さいませ。

お問い合わせ資料ダウンロード見積依頼

OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。